「女性の背中について、どんな状態だと背中が汚いと感じますか?」
「背中が汚いのはどういう状態のことをいいますか?」
といった質問をされている方もいるようです。

そこで、背中が汚いというのはどのような状況のことを指すのかをいくつか紹介します。

①肌にボツボツがある
肌にボツボツの跡があると、少しがっかりきます。
本人にとっては綺麗にしているつもりでも、周りからみると清潔感が感じられないように見えます。
ボツボツがニキビや乾燥が原因でしたら、クレンジングや保湿対策をすれば治る可能性が十分あります。
背中が汚いからといって諦めないでください。

②肌にアザや刺青がある
肌にアザやシミというのは、ボツボツと違う印象を与えます。
清潔感がないということではなく、どちらかというと近寄りがたい雰囲気を与えます。
ですので、アザや刺青は綺麗に隠したり落としたりしておくと、周りの目線は気にならなくなります。
ドーランや薬用テープなどもあるので、背中を見せる水着の場合はきちんと落としてから着るようにしてください。

③肌に火傷のあとがある
肌に火傷のあとがある場合は、水着全体で隠れるようなラッシュガードタイプのものを着るといいかもしれません。
むやみに消そうとすると、悪化する恐れがあるので、薬などを使用する際は医師に相談してから行うようにしてください。

④肌が乾燥している
肌が潤っていないと、なんか綺麗な印象はありません。
女性の顔を見れば分かるかもしれませんが、きちんと保湿対策をしている方と保湿対策をしていない方の肌は、ツヤや潤いが違ってみえます。
実際、背中が乾燥していると細かなボツボツが目立ったりします。
ですから、背中の保湿対策はきちんとしておくことが大切です。