「汗疹のようにブツブツと背中が汚い、22歳女性ですがどうすればいいですか?」
といった質問をよく見かけます。

背中は普段着の場合隠すことができます。
しかし、水着やウエディングドレスなど背中が開いた服を着る際には、背中のケアが大切になってきます。

皮膚科やエステに行くことによって、効果が得られるかもしれませんが22歳の女性には金銭的に負担がかかります。
そこで、自宅できる背中のブツブツをケアする方法を紹介します。

大切なことは、背中のブツブツができる原因を除去することを行います。
どうして、背中にブツブツができるのかを知っておくことできちんとした対策ができます。

【原因】
背中をきちんと洗えていないため、汚れが残っていてブツブツができる。
【対策】
柔らかい絹や綿のタオルを用いて、優しくなでるように背中を洗い流します。
この際、ピーリング石鹸や肌に低刺激なものを使用して洗うことが大切です。

【原因】
汗がかきやすい体質で、皮脂が詰まることでブツブツができる。
【対策】
風通しのよい素材&速乾性の服(綿)を着ることで、汗をかきづらくなる上に溜まりづらくなります。
汗をかいたら、こまめに着替えたりタオルで拭き取ったりすることも大切になってきます。
また、擦れ易い服もNG。
少しゆとりのある服を着るようにしてください。

【原因】
肌が乾燥することで、ブツブツができる。
【対策】
肌の保湿対策が重要になってきます。
顔のスキンケアと同様に、背中にもきちんと保湿対策を行う必要があります。
ボディローションなどの保湿対策のアイテムを使用して、乾燥させないようにすることが大切になってきます。

【原因】
ホルモンバランスの乱れや食生活の乱れなどによって、ブツブツができる。
【対策】
ホルモンバランスを整えるため、大豆製品などが効果的。
また、脂物を控えたりすることも大切になってきます。
和食を意識した食事を心がけるといいかもしれません。

もちろん、背中のブツブツがすでに出来てしまっている場合は、皮膚科に行ったりエステで相談したり、専用の薬を試したりなどすることも必要になってきます。
ただし、基本的には自宅でのケアがもっとも大切になってくるということだけは忘れないでください。